ヒゲ脱毛で日焼けがNGな理由と色黒でもOKなメンズ脱毛クリニック・サロンを紹介

ヒゲ脱毛で日焼けがNGな理由と色黒でもOKなメンズ脱毛クリニック・サロンを紹介

毎日のヒゲ剃りで朝の準備が慌ただしくなったり、肌が傷ついて荒れてしまったりといったお悩みは、男性であれば一度は感じたことがあるはず。

そんなお悩みを解決できるのが、近年注目されているヒゲ脱毛です。

人気に伴い、数々の機械や安価なメニューが増えているヒゲ脱毛。

しかし、いざ始めようとしても「日焼けしているからできません」と断られてしまうケースも珍しくありません。

今回はヒゲ脱毛と日焼けの関係についてご紹介します。

中には日焼けをしていても脱毛可能なケースもあるため、諦めずに最後までチェックしてみてくださいね。

煩わしいヒゲ剃りから解放され、ツルツルの肌を手に入れるためにも、日焼けと脱毛の関係性を確認していきましょう。

気になる項目をチェック

ヒゲ脱毛期間に日焼けしてはいけない理由

まず初めに、ヒゲ脱毛を受けている期間に日焼けをしてはいけない理由を説明します。

何故なのかを知っておきましょう。

脱毛効果が弱くなる

そもそも脱毛とは、レーザーや光が毛の黒い色素に反応し、そこに熱が発生することで効果を得るものです。

毛を黒く見せている色素と、日焼けをしたときに肌を黒くする色素はどちらも同じ「メラニン色素」。

つまり日焼け後の肌にレーザーや光を当てても、周りの肌にパワーが分散してしまい、思うような効果が得られない場合があるのです。

特に顔は人体の中でも上の方に位置しているため、足元に比べ日焼けしやすい場所といわれています。

顎周りや汗が流れやすい部位でもあるため、念入りな日焼け対策が欠かせません。

痛みが強くなる

「日焼け」と呼ばれることが多くても、実際の肌は火傷をした状態と同じです。

肌の表面が焼かれているため、水分を失い乾燥状態にあるということを覚えておきましょう。

単に黒くなっただけに見えても、肌は予想以上にダメージを受けているのです。

そんな状態の肌にレーザーや光を当ててしまうと、通常のときよりも痛みを感じやすくなります。

ヒゲ脱毛はただでさえ痛みを伴いやすいため、施術時間がより苦痛に感じてしまうかもしれません。

火傷のリスクがある

周りの皮膚が日焼けにより黒くなっている場合、そのまま施術してしまうとレーザーや光が肌にまで反応し、火傷を負ってしまう可能性があります。

とはいえ肌を守るためにパワーを下げると、今度は毛に十分なダメージを与えることができません。

つまり、脱毛中はもちろん、脱毛を行う数ヶ月前から日焼けには十分注意しなくてはなりません。

脱毛効果を下げるだけでなく、将来のシミやシワの原因ともなるため、日頃から日焼け対策を怠らないようにしましょう。

脱毛できる日焼けや色黒の基準

脱毛中の日焼けは、まさに「禁忌」といえるほど気を付けなければならないポイントとなります。

とはいえいくら注意していても、うっかり日差しを浴びてしまったという日もあるでしょう。

日焼けをしてしまったと感じたら、まずは肌の色がどれほど変化したのかを確認します。

太陽の下にいたとしても、いつもの肌と色味が変わっていない場合は施術を受けられる可能性が高くなります。

前述のように肌が黒くなっていたり、赤みを帯びていたりする場合は施術の日程を見合わせましょう。

また、元々色黒で脱毛の効果が心配だという方も珍しくありません。

こういった場合、色黒でも受けられる脱毛機を採用しているクリニックやサロンを選ぶと良いでしょう。

弱いパワーから始めるため通常よりも時間がかかりがちですが、最終的にツルツルと綺麗な肌を手に入れられる可能性があります。

日焼けや色黒は、いずれにしても医師が直接肌を診察したうえで施術の可否が決定されます。

自己判断で施術予約を入れたり、日焼けをしたことを隠してしまったりすると、後々重大なトラブルが起こる可能性があるため注意してくださいね。

ヒゲ脱毛中の日焼け対策

ヒゲ脱毛中に行いたい日焼け対策について説明します。

こまめに日焼け止めを塗る

顔は太陽に近いだけでなく、汗でせっかく塗った日焼け止めが流れてしまいやすい部位です。

外出前に一度日焼け止めを塗るのはもちろん、その後も数時間おきに塗り直しましょう。

朝の洗顔後に塗るならば、伸びやすく塗り心地の良いクリームやジェルタイプがおすすめ。

これに対し外出中で手軽に塗りなおしたい場合は、ミストタイプがピッタリです。

また、日焼け止めは晴れている日だけ塗れば良いというものではありません。

どんな天気・気温の日であっても少なからず紫外線は降り注いでいます。

気象庁の集めたデータによれば、晴れの日に比べ曇りの日は60%、雨の日は30%の紫外線量を記録したといわれています。

さらに、日焼け対策は屋内で過ごす場合も必要不可欠です。

いくら窓のそばにいなくても、部屋の中に降り注ぐ紫外線をゼロにすることはできません。

朝起きたらすぐに日焼け止めを塗り、夜入浴するまではこまめな塗り直しを心がけましょう。

普段日焼け止めは塗らないという方も、脱毛中だけは毎日欠かさずケアを行ってくださいね。

日傘やマスクで物理的に隠す

普段メイクに慣れている女性に比べ、男性は顔に何かをつけるのが苦手だという方も珍しくありません。

そのため、つい日焼け止めをつけずに外出してしまった……というケースも見られます。

そんな方におすすめなのが、日傘やマスクで肌を隠し、紫外線が当たらないようにするという方法です。

中にはUVケア加工を施してある製品も多いため、日差しから肌を守るために活躍してくれるでしょう。

とはいえこれらのアイテムは、紫外線を完全に防げないため注意が必要です。

日傘の場合は地面に当たって反射する「照り返し」に注意しなくてはならず、マスクの場合は基本的に首やもみあげが守れません。

本来であれば、日焼け止めを塗った上で日傘やマスクをつけるのが理想です。

特に紫外線量の多い季節や、長時間外にいる場合は注意すべきといえるでしょう。

サングラスをかける

瞳の日焼けは、時として目の痛みや充血などを引き起こす深刻な問題です。

これを防ぐためにサングラスをかけるというイメージが持たれがちですが、実はサングラスをかけることで肌の日焼けを防ぐ効果も期待できるのです。

というのも、紫外線を浴びると肌の内部でメラニン色素が増え、それが集まることでシミとなります。

全体的に日焼けをすれば、その部分は肌全体が黒くなってしまうでしょう。

これがいわゆる「日焼け」といわれていますが、脳からの刺激もメラニン色素を増やす要因となります。

いくら肌に入念な日焼け対策をしていても、目から強い光の刺激が入ると脳は肌を守るべくメラニン色素を生み出す指令を出します。

これにより、実際は紫外線を浴びていなくても日焼けをしたように肌が黒ずんでしまうのです。

そのため、特に光の強い日中や夏場の外出にはサングラスがマスト。

サングラス型に肌が焼けてしまわないよう、その他の部分には入念に日焼け止めを塗っておきましょう。

日焼けに良い食べ物を摂る

日焼け対策と聞くと、外部からのケアばかり重視しがちです。

しかし、実際には体の中から対策を行うことも必要不可欠。

日頃の食生活を見直すことで、手軽に日焼け対策が可能です。

日焼けに良いとされる食べ物の中で、特にたっぷりと摂ってほしいのが「ビタミンC」です。

フルーツをそのまま食べるのも良し、ビタミンCのサプリメントを摂取するも良し、より取り入れやすい方法を選んでくださいね。

また、紫外線を浴びた肌は細胞が酸化し、老化の一途を辿ることになります。

脱毛効果が半減するだけでなく、シミやシワなどの原因にもなりかねません。

この「酸化」を防ぐためには、ビタミンCやビタミンEを含む食べ物が効果的です。

一方、ビタミンCならば何でも良いというわけではありません。

ビタミンCを含む食べ物として代表的な柑橘類には、同時に「ソラレン」という成分が含まれています。

これは摂取してから2時間後程度をピークに、通常よりも紫外線を吸収しやすくするというはたらきがあります。

そのため、外出前にソラレンを含むオレンジやグレープフルーツを食べるのは避けましょう。

摂取から半日程度経つと効果が薄れるため、食べる場合は時間に注意してくださいね。

日焼けや色黒でも対応できるメンズ脱毛クリニック・サロン

ここまでは、日焼けや色黒の場合はヒゲ脱毛を避けるべきだとご紹介しました。

しかし、中にはこれらの状態でも脱毛可能な機械を用意しているところもあります。

ゴリラクリニック

ゴリラクリニックでは「すべての男性に脱毛を受けてもらいたい」という思いから、日焼け肌や色黒肌、敏感肌でも受けられる機械「メディオスターNeXT」を用意しています。

これは蓄熱式脱毛機と呼ばれるもので、比較的弱いパワーでも脱毛効果を得られるというメリットがあります。

クリニックで使われるレーザー脱毛は、ほとんどが蓄熱式と熱破壊式に分類されます。

蓄熱式熱破壊式
ターゲットバルジ領域毛乳頭/毛母細胞
パワー弱め強め
痛み弱め強め
効果が出るまでの時間2週間程度数日~1週間程度

熱破壊式は毛根(毛乳頭・毛母細胞)に熱を加えて破壊するため、効果が実感できるまでのスピードが速いのが特徴です。

毛が抜ける様子が分かりやすく人気ですが、その反面で痛みを感じやすいというデメリットも抑えておかなくてはなりません。

一方の蓄熱式は、毛が成長するために必要なバルジ領域のはたらきをストップさせるため、その後新たな毛が生えてくることはありません。

黒くて太い毛が多いヒゲ脱毛でも痛みを感じにくく、脱毛が不安という方にもおすすめの方法です。

バルジ領域は毛根に比べて浅い部分にあるため、パワーが弱めでも十分な効果を発揮します。

肌の色が黒くパワーを上げられない場合は、「メディオスターNeXT」を使えば施術できる可能性が高いでしょう。

また、ゴリラクリニックで使われている機械「ジェントルYAG」も、同じく日焼け肌や色黒肌に施術が可能です。

こちらは肌の浅い面を通り越し、レーザーがより深いところへと作用するもの。

肌の表面でメラニン色素に反応しにくく安心なほか、ヒゲのような根深い毛にも抜群の効果が得られます。

\ 色黒肌に強い脱毛クリニック /

ゴリラクリニックで脱毛する

メンズリゼ

同じくメンズのヒゲ脱毛に対応しているメンズリゼでは、日焼けの程度によって施術が可能な場合があります。

ゴリラクリニックでもご紹介した「メディオスター」や、蓄熱式と熱破壊式を切り替え可能な「ラシャ」、そして根深いヒゲにピッタリの「ジェントルヤグPro-U」といった機械が使われます。

メンズリゼは全部で4種類の機械を用意しており、1人ひとりにあった施術を可能としています。

同じ人であっても状況は刻一刻と変わり、前回とは違う機械がピッタリ合うことも。

「急に日焼けをしてしまった」という場合でも、そのときに応じた機械が選べるのがメリットといえるでしょう。

\ 色黒肌に強い脱毛クリニック /

メンズリゼで脱毛する

メンズTBC

メンズTBCはエステサロンでありながら、クリニックのように永久脱毛が可能という新たな手法を採用しています。

それが多くの人に愛用されている「電気脱毛」。

毛の1本1本に電気を流し、毛を生み出す組織を破壊するため、半永久的な脱毛効果を得られるというものです。

1本ずつ処理をするため時間がかかりますが、処理後の毛根からは二度と毛が生えてこなくなります。

ヒゲ全体をツルツルにしたい場合はもちろん、少し間引いて自然な薄さにしたい場合や、一部分だけなくしたい「デザイン脱毛」にも向いているでしょう。

電気脱毛を受ける場合、ある程度自己処理を控え、ヒゲを伸ばした状態で施術に臨みます。

肌の色は影響しないため、日焼け肌や色黒肌でも受けられるのがポイント。

とはいえ日焼け後すぐの炎症状態では肌にダメージが及んでしまうため、しっかりと黒く収まるまで待ちましょう。

\ 色黒肌に強い脱毛サロン /

メンズTBCで脱毛する

ダンディハウス

ダンディハウスでは、「ブレンド脱毛」という名前で電気脱毛を提供しています。

メンズTBCと同じく肌の色に関わらず施術を受けられますが、赤みを帯びたりヒリヒリしていたりする状態での施術は避けましょう。

どの店舗の電気脱毛にも共通する特徴として、痛みが強くなりやすいというデメリットがあります。

特にエステサロンでは麻酔を使えないため、クーリングや施術方法の工夫によって痛みを軽減していかなくてはなりません。

電気脱毛を検討する場合は、痛みに対しどのような工夫がなされているかで決めるのもポイントです。

また、ダンディハウスはフェイシャルメニューの充実したエステサロンです。

脱毛後も入念なアフターケアがあり、日焼けにより乾燥した肌でも安心して脱毛を受けられますね。

\ 色黒肌に強い脱毛サロン /

ダンディハウスで脱毛する

ローランドビューティーラウンジ

ローランドビューティーラウンジで採用しているのは、「ルミクス脱毛」と呼ばれる方法です。

これはいわゆる「SHR」という光脱毛方法で、従来主流といわれていたIPL光脱毛とはさまざまな点で違いが見られます。

SHRIPL
ターゲット毛包毛根
パワー弱め強め
痛み弱め強め
施術時間約10分約30分

毛を包んでいる「毛包」全体に熱を加えるSHR法は、パワーや痛みが弱めでスピーディな施術が特徴です。

毛そのもののメラニン色素をターゲットとしているわけではないため、肌の色に関わらず施術が可能となるのです。

創業者であるローランドさんは、自身が脱毛を受けた際に数々の店舗を渡り歩き、痛みや高額な費用が発生した経験からルミクス脱毛に目をつけたといわれています。

リラックスして受けられ、なおかつ肌の状態を選ばないルミクス脱毛は、まさに働く男性にピッタリの脱毛法といえるでしょう。

光脱毛はレーザーや電気脱毛とは異なり、永久的に毛が生えなくすることはできません。

定期的な施術が必要となりますが、毛の生えてくるスピードや毛の濃さはどんどんとお手入れしやすくなっていくでしょう。

\ 色黒肌に強い脱毛サロン /

ローランドビューティーラウンジで脱毛する

ヒゲ脱毛の日焼けでよくある質問

最後に、ヒゲ脱毛を行う上でよくある質問をまとめました。

日焼けをしてはいけないのはもちろんですが、万が一のことも考えて事前に予習しておきましょう。

脱毛施術後なら日焼けしても良いの?

脱毛の施術前は絶対に日焼けをしてはいけないと分かりましたが、終わったからといって日焼けをしても良いわけではありません。

というのも、脱毛後の肌は熱が加わり、普段よりも乾燥した状態です。

肌のバリア機能が低下しているため、紫外線によるダメージを受けやすいといえるでしょう。

日焼け対策はもちろんですが、入念な保湿ケアも欠かせません。

近年は施術後のスキンケアがサービスでついてきたり、コースを契約すると化粧品が安く買えたりといったクリニック・サロンも増えてきています。

これまでスキンケアに無頓着だったという方も、この機会に化粧水や乳液を使い始めてみてはいかがでしょうか。

日焼けした後はどれくらいで脱毛できる?

日焼け肌の脱毛が可能なクリニックやサロンでも、赤みの出た炎症中の肌では施術を断られる可能性が高くなります。

紫外線を浴びていた時間や場所にもよりますが、最低1ヶ月は予約を入れないようにしましょう。

健康な人の場合、肌の細胞がすべて生まれ変わるまでにかかる時間は約28日といわれています。

角質が溜まっていたり、生活習慣が乱れてしまっていたりすると、この周期はどんどんと伸びてしまいます。

規則正しい生活と入念なスキンケアを続けながら、1ヶ月が経った頃に改めて相談してみてくださいね。

【結論】ヒゲ脱毛中は日焼け対策を欠かさないようにしよう

日焼けをしてしまったからといって、もう脱毛ができなくなるというわけではありません。

しかし短くても1ヶ月は様子を見なくてはならないこと、少なからず肌へダメージを受けやすい状態となることは頭に置いておきましょう。

ヒゲ脱毛を考える場合、実際に脱毛を開始する数ヶ月前からは日焼け対策が必須となります。

手軽に日焼け止めを塗るも良し、マスクや日傘で対策するも良し、自分の取り組みやすい方法を続けてみてくださいね。

また、近年の脱毛ブームに乗り、ヒゲ脱毛ができる店舗も続々と増えてきています。

費用や効果ばかりに注目しがちですが、「日焼け肌でも照射できるか」「スキンケアや麻酔等のオプションサービスが充実しているか」といった点も考慮しなくてはなりません。

数々の店舗から自分に合ったところを見つけるために、まずは無料で行われることも多いカウンセリングに出かけてみましょう。

実際の肌を見て適切なメニューを教えてもらえるため、店舗選びの参考になるはずですよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ヒゲやムダ毛に悩む世の男性のために立ち上がった脱毛のヒーロー。自身もヒゲ脱毛を始めたことで脱毛に目覚め、今では全身あらゆる場所を脱毛している。

気になる項目をチェック