ヒゲ脱毛は日焼けNG?色黒OKのメンズ脱毛サロン・クリニックや日焼け対策を紹介

仕事の外回りや外での仕事をしているとイヤでも日焼けをしてしまいますよね。

また夏は海にアウトドアにと日焼けの季節となりモテ肌のために日焼けををする男性も少なくありません。

ですが、実は脱毛と日焼けの相性は悪く、基本的には日焼けしている肌には脱毛の施術を行う事はできません。

しかし、なんだ日焼けの時は脱毛はできないのか・・・と落ち込んでいる人は諦めるにはまだ早いです!

日焼け・色黒の男性でもヒゲ脱毛を行える脱毛方法は存在します!

そこで今回は日焼け・色黒でも施術ができる脱毛方法の紹介と共に、日焼けが何故ダメなのかを解説していきます。

ヒゲ脱毛を始めたい方のためにヒゲ脱毛におすすめのサロン・クリニックをまとめていますので、参考にしてみてください。

ヒゲ脱毛で日焼けがNGな理由

脱毛においては基本的には日焼けしている時は脱毛はNGとされています。

例えば、

メラニン色素(黒い色)に反応するレーザーとなりますので日焼けしている肌に照射することはできません。

引用元:湘南美容クリニック

と、日焼けした方に脱毛をお断りしているクリニックもあります。

では何故ヒゲ脱毛では日焼けがNGなのか原因を解説していきます。

脱毛効果が弱まってしまう

日焼けがNGな理由の1つ目は、脱毛効果が弱まってしまうからです。

近年の主流の脱毛方法の光脱毛と医療レーザー脱毛は、共に光・レーザーで毛根の黒いメラニン色素に照射する事で脱毛を進めていきます。

照射パワーの強さの違いこそあれど、脱毛方法は変わりません。

日焼けした肌は、肌にメラニン色素が沈着することで肌が黒くなります。

日焼け時に脱毛をすると毛の色素だけではなく肌のメラニン色素にも反応を示してしまいます。

本来毛のメラニン色素に対して照射するパワーが、肌へ分散してしまうため脱毛効果が弱まってしまいます。

また、肌への負担を減らそうと照射パワーを下げるので、脱毛効果が弱まってしまうのです。

痛みや熱さを強く感じてしまう

日焼けをしたことがある方なら誰しもが経験していると思いますが、日焼けをした時は肌がヒリヒリして敏感な状態になります。

そんな痛みに敏感な状態の肌に、更に痛みを伴うヒゲ脱毛を行うとしたら・・・想像するだけで痛そうですよね。

日焼けがNGな理由の2つ目は、脱毛時の痛み・熱さが強く出るからです。

肌が敏感な状態で、肌にダメージを与えるので通常よりも強く痛み・熱さが出てしまいます。

また日焼けした肌は、水分量が少なく乾燥した状態になっています。

乾燥した状態の肌は直に照射の光を受けてしまうので通常よりも痛みを強く感じてしまいます。

ヒゲ脱毛の痛みについてもっと知りたい方はこちら

ヒゲ脱毛は痛い!?少しでも痛みを和らげる裏ワザを教えます!

やけどや肌荒れのリスクが高くなる

日焼けがNGな理由の3つ目は、やけど・肌荒れのリスクが高くなるからです。

前出したように日焼けした状態の肌で脱毛をすると肌のメラニン色素にも照射の光が反応してしまうので、肌を直接攻撃してしまいます。

肌に直接強い照射を与えるので、やけどや肌荒れのリスクが高まってしまうのです。

日焼けしてもヒゲ脱毛できる方法

基本的には日焼け状態では脱毛は行うことができませんが、日焼けしていてもヒゲの脱毛を行う方法もありますので、ここからは日焼けしてもヒゲ脱毛ができる脱毛方法を紹介していきます。

ニードル脱毛

ニードル脱毛は毛の1本1本に対して針を使って電流を流し込み脱毛を進めていく脱毛方法です。

ニードル脱毛は毛の1本1本に対して脱毛を行うので、高い脱毛効果を誇り、永久脱毛の効果にも期待できる脱毛方法でもあります。

メラニン色素に反応する光を照射する脱毛方法とは違い、毛根に直接処理を行うのでメラニン色素に関係なく脱毛を行うことができます。

SHR脱毛(蓄熱式脱毛)

日焼けしていてもヒゲ脱毛が可能なもう一つの脱毛方法はSHR脱毛・蓄熱式脱毛です。

SHR脱毛・蓄熱式脱毛は従来のメラニン色素に光を照射する脱毛方法とは異なり、毛根を生成するバルジ領域に蓄熱させて脱毛を進めていく脱毛方法となります。

メラニン色素に反応させるワケではないので、日焼けに関係なく脱毛を行うことが出来るのです。

SHR脱毛は主に脱毛サロンで呼ばれている呼称で、脱毛クリニックでは主に蓄熱式脱毛と呼ばれています。

蓄熱式脱毛の代表的な脱毛器には、メディオスター NeXT PROがありドイツで開発された脱毛器で、日本でも多くの脱毛クリニックで導入されています。

メディオスター NeXT PROは永久脱毛の効果も期待できます。

日焼け・色黒でもヒゲ脱毛OKのサロン

日焼けでも脱毛を行える脱毛方法が判明した所で、ここからはニードル脱毛・SHR脱毛を取り入れている脱毛サロンを紹介していきます。

メンズTBC(ニードル脱毛)

メンズTBCで行っている脱毛方法はニードル脱毛で、毛の1本1本に対して脱毛処理を施すので、毛の1本1本に対して料金が設定されているのが特徴です。

1本1本に対して確実に処理を行っていくので、施術後に効果を実感しやすく、永久脱毛の効果にも期待ができます。

メンズTBCでは扱う脱毛器によって価格が変動し、会員になることで1本あたりの料金が安くなります。

メンズTBCのニードル脱毛は1本ずつの料金・施術になるので本数が多くなると料金が高額になり施術にかかる時間や期間も長くなる傾向にありますが、ヒゲの脱毛であれば人によっては高額にならず、期間も長くはならずに脱毛を行えるでしょう。

ニードル脱毛はデザイン脱毛にも適しているので、ヒゲ脱毛におすすめです。

またメンズTBCでは、初めてメンズTBCを利用する方に限り、無料のカウンセリングとメンズTBCのスーパー脱毛と呼ばれるニードル脱毛が150本で1,000円で施術可能になるお得な体験コースを用意しています。

通常料金が一番安い1本132円の脱毛を、150本施術するとなると19,800円となりますので、非常に安いコースですのでおすすめです。

ダンディハウス(ニードル脱毛)

ダンディハウスは日本で始めてメンズエステサロンをオープンさせ、全国に50以上の店舗を展開している大手メンズエステサロンです。

ダンディハウスで行っている脱毛方法は、電気分解法と高周波法をミックスさせた、ブレンド式と呼ばれるニードル脱毛です。

ダンディハウスはメンズTBCとは違い、時間ごとでの料金携帯となっていて30分7,875円となり追加30分ごとに7,875円が発生していきます。

30分で80本〜120本程度の脱毛が可能となっています。

ダンディハウスでも体験コースが用意されていて30分のコースが5,000円で体験可能なので、お得に脱毛出来るのでおすすめです。

ローランドビューティラウンジ(SHR脱毛)

ローランドビューティラウンジは人気ホストとして話題のローランド様がオープンさせた脱毛サロンです。

ローランドビューティーラウンジで導入している「ルミクス」は日焼けでも色黒でもどんな肌質にも効果のあるSHR脱毛方式になります。

痛みが少ないのも特徴で、痛みに不安がある人にもおすすめな脱毛方法となります。

ローランドビューティーラウンジのヒゲ脱毛の料金は、3部位×6回が19,800円と安く、ヒゲ脱毛とVIOやヒゲ脱毛と指脱毛などヒゲ脱毛を絡めた脱毛プランが豊富に用意されているのも魅力です。

メンズラココ(SHR脱毛)

メンズラココは女性脱毛サロンとして大手サロンのラココが、男性専門サロンとしてオープンした男性脱毛サロンです。

メンズラココでもルミクスを導入していて、日焼け肌・色黒の肌でも問題なくヒゲ脱毛を行なえます。

メンズラココでは、ヒゲ脱毛体験コースを4,800円で用意しているので脱毛サロンでSHR脱毛を検討している方は活用することをおすすめします。

日焼け・色黒でもヒゲ脱毛OKのクリニック

続いて日焼け・色黒でもヒゲ脱毛が受けられる脱毛クリニックを紹介していきます。

ゴリラクリニック

男性専門の脱毛クリニックとして芸能人からも高い人気を誇るゴリラクリニックでは、5種類の脱毛器を患者によって使い分けています。

その中の一つに、メディオスター NeXT PROがあります。

メディオスター NeXT PROはメラニン色素に反応する従来の脱毛器とは違い、毛ぞ作り出すバルジ領域に対して効果を発揮するため、日焼けをしていても色黒の男性でもヒゲ脱毛を行うことが可能です。

ゴリラクリニックのヒゲ脱毛は、ヒゲ3部位の料金が6回で68,800円と脱毛クリニックの中では比較的安く、更にコース終了後の追加照射の料金が3年間の間であれば1回100円で脱毛可能と、長い期間脱毛を続けやすいのも魅力です。

メンズリゼ

メンズリゼで導入している脱毛器は3種類でその中の一つに、蓄熱式ダイオードレーザーという脱毛器があり、この蓄熱式ダイオードレーザーはメラニン色素に反応しない脱毛なので日焼け肌でも色黒の方でも問題なく施術をすることが可能です。

メンズリゼのヒゲ脱毛ではセレクトヒゲ脱毛がおすすめです。

セレクトヒゲ脱毛では「鼻下」「あご」「あご下」「ほほ・もみあげ」の4部位の中から、3部位を選んで脱毛を行うことが可能なプランです。

自分のヒゲの生え方で脱毛箇所を変える事が出来るので、より自分に適した脱毛を行なえます。

また5回のコース終了後の追加照射が1回が通常料金の半額以下となるので、続けやすいのもポイントです。

過度な日焼けはNG!ヒゲ脱毛中に行いたい日焼け対策

日焼けをしていてもOKな脱毛サロン・クリニックを紹介してきましたが、過度な日焼けはどのサロン・クリニックでもNGとなります。

例えば、赤みが強く出ていたり、皮が剥けているといった症状ではNGとなりますので、ヒゲの脱毛を検討している男性は、なるべく日焼けを避けるのがポイントです。

ここからは日焼け対策をいくつか紹介していきます。

日焼け止めクリーム

日焼け止めクリームは日焼け対策として代表的なアイテムですね。

日焼け止めクリームには「SPF」と「PA」の2つの表記があります。

SPFは1〜50+までで表記され、SPFの後に続く数値が高いほど、何も塗らない場合に比べてUVB波による炎症をどれぐらい長い時間防止することが可能になります。

PAは4段階の+マークの数で表記され、PAの後に続く+マークが多いほどUVAに対する防御効果が高いことを表しています。

数値の高い日焼け止めクリームを使用する事ももちろん大事ですが、できれば2時間程度おきに、こまめに塗り直すのが重要です。

どんなに効果が高くても汗や皮脂などと一緒に流れることで効果も少しずつ薄まってきますので、塗り直す意識をする事もポイントです。

サングラス

日焼け対策としてサングラスと聞き少々意外に思われるかもしれませんが、実はサングラスも効果的な日焼け対策となります。

目に紫外線が入る事で、脳が紫外線の感知して、メラニン色素を作るように司令を出します。

その為、日焼けに繋がってしまうのです。

サングラスと聞くと黒いイメージもありますが、真っ黒のサングラスだと瞳孔が開いてしまいより多くの光を吸収してしまいますので、紫外線を多く取り込む事に繋がります。

紫外線カットのサングラスも重要なポイントですが、サングラスの色についても注意して選ぶのがおすすめです。

日焼け防止になる栄養を取る

日焼け対策には日焼け防止に繋がる栄養素を取り入れる方法も重要です。

日焼け対策におすすめな代表的な栄養素は、ビタミンCです。

ビタミンCにはメラニン色素を作る働きを抑える効果が期待できます。

ビタミンCを多く含む食べ物

レモン

グレープフルーツ

イチゴ

ブロッコリー

またビタミンA、ビタミンEといった栄養素も効果的で、ビタミンAには紫外線をうけた肌からダメージを防ぐ効果が期待でき、ビタミンEにはビタミンCと同じく抗酸化作用があります。

ビタミンAを多く含む食べ物

レバー

ニンジン

カボチャ

トマト

ビタミンEを多く含む食べ物

アーモンドやナッツ類

ゴマ

アボカド

各ビタミンの文字をとってビタミンACE(エース)が効果的と覚えておきましょう。

日焼け対策の為に摂取した方が良い栄養素がある一方で、「ソラレン」という成分には注意が必要です。

ソラレンには紫外線を吸収しやすくなるという作用があります。

ソラレンは食後2~9時間ほど効果が続くと言われているので、ソラレンを含んでいる食べ物を朝に摂取するのは避けたほうが良いでしょう。

ソラレンを多く含む食べ物

レモンやグレープフルーツなどの柑橘類

キウイ

パセリ

きゅうり

中にはレモンやグレープフルーツなどビタミンCも多く含む食べ物もあります。

ビタミンCを多く含んでいる食べ物に関しては朝ではなく夜に摂取するのがおすすめと言えます。

色黒や日焼けが心配な人はカウンセリングで相談しよう

日焼けをしていてもヒゲ脱毛が可能であることを解説し、日焼けをしていてもヒゲ脱毛がOKなサロン・クリニックも紹介してきました。

日焼けや色黒の場合は脱毛方法によってNGな場合OKな場合に別れます。

また日焼けしていてもOKな脱毛方法でも、サロン・クリニックによって特徴が異なるので、自身に適したサロン・クリニックを選ぶのが重要です。

日焼けや色の黒さの度合いによって脱毛ができない場合もあるので、心配な人は、まずはカウンセリングで相談してみましょう。

  • この記事を書いた人

脱毛マン

ヒゲやムダ毛に悩む世の男性のために立ち上がった脱毛のヒーロー。自身もヒゲ脱毛を始めたことで脱毛に目覚め、今では全身あらゆる場所を脱毛している。