メンズ脱毛サロンとクリニックの違いを徹底比較!どちらがおすすめか丸わかり

今や脱毛は女性だけでなく男性の方も多く受けるようになり、ヒゲ脱毛や全身脱毛を提供する脱毛サロン・脱毛クリニックは数多くあります。

脱毛を検討している方の中で、

「脱毛サロンと医療脱毛の違いがよくわからない」

「それぞれのメリットとデメリットが知りたい」

という方も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、脱毛サロンと医療脱毛の違いをメリット・デメリットをご紹介しながら徹底検証!

「脱毛サロンと医療脱毛のどっちが安い?」

「どちらの脱毛方法の方が痛みが少ない?」

「早く脱毛を終わらせたい場合はどっちを選べばいい?」

このような疑問にも応えられるような内容となっているので、それぞれの良さを比較しながら、自分に合った脱毛方法できれいな肌を目指してください!

気になる項目をチェック

脱毛サロン・脱毛クリニックとは

脱毛処理の施術を受けようとするとき、まず脱毛サロンと脱毛クリニックの違いを明確にしなければならないでしょう。

まず脱毛サロンですが、美容脱毛に特化した高い技術力で、お客様ひとりひとりをしっかりサポートします。

脱毛サロンで使用している機械はメインとして光脱毛(フラッシュ脱毛)です。ムダ毛のある部位に、メラニン色素に反応するライトを当て毛根を弱らせる脱毛方法です。

レーザー脱毛と比較してライトの照射力が弱いため、肌に負担がかからないメリットがあります。

脱毛サロンは医療機関ではありません。従って、パワーの強いレーザー治療を行うことが出来ませんが、エステサロンならではの美肌効果が期待出来ることもあります。

一方で脱毛クリニックは医療機関であり、側に医師がいてくれるからパワーの強いレーザー治療を行うことが出来ます。

フラッシュ脱毛との違いは、照射するライトの波長と照射力の強さです。

レーザー脱毛では単一の波長で、かつ集中的に熱を集め照射します。

使用されるレーザーには種類があり、主にはダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザーなどの医療用レーザーが使われています。

出来るだけスピーディーに脱毛処理をしたいというのならレーザー治療の選択がいいでしょう。

脱毛サロンのメリット・デメリット

まずは脱毛サロンのメリット・デメリットを見ていきましょう。痛みが苦手な方におすすめの脱毛方法として全国各地に受けられる店舗があります。

脱毛サロンのメリット

脱毛サロンのメリットは以下の通りです。

  • 痛みが少ない
  • 肌への負担が少ない
  • 料金が安い
  • 肌ケアにもおすすめ

脱毛サロンでよく使われる「光脱毛」は脱毛箇所に光エネルギーを照射することで、毛が生えてくるのを抑制する脱毛方法です。

脱毛サロンで提供している光脱毛には様々な種類があります。

皮膚のメラニン色素に反応し抑毛効果を発揮するので濃いムダ毛に効果的な「IPL脱毛」や、毛の毛包と呼ばれる部分に反応するので、日焼け肌でも脱毛ができる「SHR脱毛」。

ジェルと光の効果で抑毛効果を発揮し、同時に美容効果も期待できる「SSC脱毛」など、サロンによって提供している脱毛方法が異なります。

どの脱毛方法も照射出力が弱いので、肌への負担が少なく痛みが少ないのが特徴的です。痛みが苦手で脱毛を受けるのが苦手な方にはおすすめの脱毛方法となっています。

また脱毛サロンの特徴としては「料金が安い」というところです。ヒゲ脱毛だと1回1,000円~受けられるところも多く、手軽に始めやすいという点がメリットに感じられるでしょう。

サロンによって提供している脱毛方法が異なり、光脱毛の他にも脱毛効果と共に美肌効果が期待できる美肌脱毛を提供しているところもありますので、ムダ毛をなくしながら綺麗な肌を目指すことができます。

脱毛サロンのデメリット

脱毛サロンのデメリットは以下の通りです。

  • 脱毛完了までに時間がかかる
  • すぐに効果を実感できない
  • 脱毛回数が多い
  • 永久脱毛はできない

脱毛サロンのデメリットはその威力の弱さから、1回目に脱毛を始めてから脱毛完了までにかなりの期間が必要になります。

効果には個人差がありますが、脱毛完了まで約2年~3年は必要となってしまう方も多く、それまで定期的に通い続けなくてはなりません。

また1回脱毛を受けたからといってけがなくなるわけではないので、施術後すぐに効果を実感できないという点もデメリットとして考えられるでしょう。

脱毛する部位や毛の濃さなどによって脱毛完了までの回数には個人差がありますが、かなりの回数の施術を受けなければいけないのですぐに脱毛したい方にはおすすめできません。

脱毛完了すると永久に毛が生えてこなくなる永久脱毛は脱毛サロンでは行えません。しばらくするとまた生えてくる可能性があるというのもデメリットになってしまいます。

医療脱毛のメリット・デメリット

続いて医療脱毛のメリット・デメリットを見ていきましょう。病院やクリニックで受けられる医療脱毛の特徴と脱毛サロンを比較してみましょう。

医療脱毛のメリット

医療脱毛のメリットは以下の通り。

  • 高い脱毛効果が期待できる
  • 脱毛完了までの期間が短い
  • 医師や看護師による施術が受けられる
  • 永久脱毛ができる

医療脱毛は出力の高い医療用レーザーを毛根に照射し、毛根を破壊して脱毛効果を発揮する脱毛方法です。

脱毛サロンと比較しても、高い脱毛効果が期待できるので、すぐに効果を実感したい方におすすめです。

もちろん効果の感じ方には個人差があるのですが、脱毛完了までの期間が短いという点はメリットに感じられるでしょう。

脱毛サロンなら2年から3年ほどかかると解説してきましたが、医療脱毛だと半年から1年ほどで完了するケースが多いです。

脱毛完了までの期間を比較してみても、かなり違いがあるので、できるだけ短い期間で脱毛を完了させたい方には医療脱毛がおすすめといえます。

また、医療脱毛は医療行為となるので、医師や看護師などの専門資格を有した人しか施術が行えません。

医師による診察やカウンセリングなどを受けられるので、ムダ毛の悩みを根本から解決してくれる可能性があるのです。

全身脱毛だと約8回ほど受ければ脱毛完了となり、そこからほぼ永久的に毛が生えてこなくなる状態を目指せますので、永久脱毛を受けたいという方におすすめです。

医療脱毛のデメリット

続いて医療脱毛のデメリットは以下の通りです。

  • 痛みが強い場合がある
  • 肌トラブルのリスクがある
  • 料金が高い

医療脱毛はその出力の強さから、痛みが強い場合があるというのがデメリットに感じられるでしょう。

痛みの感じ方には個人差がありますが、人によっては脱毛コースを途中で断念してしまうほど痛みに耐えられない可能性もあるので注意が必要です。

医療脱毛を提供するクリニックでは、痛みを抑えるために麻酔を受けられるクリニックもありますので、医療脱毛に抵抗がある方でも安心して受けられるシステムにはなっているのです。

また、脱毛施術によって、肌に赤みや火傷のようなヒリヒリとする症状が現れる方もいます。肌トラブルのリスクがある点も、医療脱毛のデメリットの一つです。

サロン脱毛と比較しても医療脱毛の方が料金設定が高く、全身脱毛を受ける場合は20万円~30万円のコースを提供しているクリニックも多いです。

できるだけ安く脱毛を受けたい方からするとデメリットに感じてしまうかもしれませんが、医療ローンを利用できるので分割での支払もできます。

脱毛サロンと脱毛クリニックの違い

脱毛サロン(エステ脱毛)脱毛クリニック(医療脱毛)
店舗数多い少ない
料金安いやや高い
回数・期間3~4年1~2年
効果一時的な減毛永久脱毛できる
痛み弱い(ニードル脱毛は強い)やや強い
肌ケア美容効果のあるジェルなど抗炎症剤など
肌トラブル対応不可医師の診察が受けられる
スタッフ接客サービスに注力ややドライな傾向

店舗数

脱毛サロンと脱毛クリニックは、店舗数でも違いを見付けることが出来ます。

店舗数が多いのはどちらかといえば脱毛サロンです。

それは、会社の利益を上げるための経営方針としても考えることが出来ますが、利用するお客様にとっても都合のいいことです。

脱毛サロンの大手の勢いがとても目立つ現状なので、そのような脱毛サロンが全国津々浦々の展開をはじめることで、どんどん脱毛サロンの店舗数は急増しています。

脱毛クリニックにも「ゴリラクリニック」などそのような規模の展開がない訳ではありませんが、会社数は比較して少なめです。

店舗数が多いから、ちょっと都心部から離れた人たちも脱毛処理と向きあうことが出来るでしょう。

脱毛クリニックの場合は、店舗数が少ないゆえ、なかなか行こうと思っても行くことが出来ない人たちがいます。

都心部に出てくるという方法もありますが、交通費もかかるでしょうし、何度も通う必要があるためなかなか長続きが出来ないかもしれないですよね。

更に店舗数の多い理由として脱毛クリニックのレーザー治療と比較して、脱毛サロンで使用している機械の方が安価で購入出来るから、脱毛サロンのほうがはじめやすいことも理由してあげることが出来るでしょう。

いままで脱毛をしていなかったエステサロンが脱毛をスタートするケースもあります。

脱毛サロンには美容師のような国家資格はありません。学歴も年齢制限もなく、どこかに登録する義務もありません。資格取得もこれと言ったものがありませんので脱サラで脱毛サロンをスタートする事例もあるようです。

料金

次は、脱毛サロンと脱毛クリニックの料金の違いです。基本、脱毛サロンは脱毛クリニックより料金が安いという認識で正しいでしょう。

なぜ、脱毛クリニックの料金が高いのかといえば、ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザーなどの医療用レーザーと言った高額機械を導入しているからです。

ただし脱毛クリニックによっても料金の違いはあります。クリニックは医療機関なので、治療メニューが同じならだいたい料金は同じ程度では……という疑問もあるでしょう。ただし、脱毛クリニックで行われている施術は、自由診療と言われる保険適用外診療なのです。

脱毛クリニックの料金は、クリニックに一存しているから、勝手に自由な料金を設定している事実があります。

勝手にという言い方も正しくないのかもしれませんが、それぞれにクリニックの経営方針があり、それに基づいて料金設定をしていることでしょう。

基本、脱毛サロンは料金が安いという認識のされ方をしていますが、脱毛サロンでも最新式の高額機械を導入することで料金がアップすることがあり、脱毛クリニックでも最近ではキャンペーンなど展開し、積極的に利用者を増やさそうとしている経営意図もあり、差が段々となくなって来たともいうことが出来ます。

更に、脱毛サロン脱毛クリニックともに料金をアップさせる要因は、広告費です。クリニックでも広告費がプラスα料金に反映してしまっていることがあります。一方では、料金が出来るだけ安くなるため広告費にはそれ程お金をかけないというところも見付けることが出来ます。

回数・期間

脱毛クリニックと脱毛サロンには、回数期間の違いがあります。

脱毛クリニックでは、パワーの強いレーザー治療をしているから、回数は短く済ますことが出来ます。時間があまりない人たちは、取り敢えずは脱毛クリニックの選択が正しいでしょう。

効果が出るまでの回数がおおよそフラッシュ式は10回、医療レーザーが6回、ツルツルになるまでの回数はフラッシュ式は24回、医療レーザーは12回程度の違いがあります。

胸毛脱毛の場合は効果が出るまでの回数が、フラッシュ式は6回程度、医療レーザーは5回、ツルツルになるまでの回数はフラッシュ式は12~18回以上、医療レーザーは10回というデータがあります。

医療レーザーでの脱毛は1年から1年半程度かかることになります。自己処理がいらないほどツルツル肌を目指すなら、1年半から2年くらいかかるかもしれません。

一方で脱毛サロンでの脱毛は2自己処理不要になるまで2~3年はかかります。ツルツルになるまで脱毛するなら、3年~4年は要するでしょう。
効果が出るまでの回数がおおよそフラッシュ式は 10回、医療レーザーが6回、ツルツルになるまでの回数はききまでの回数

効果

脱毛処理の施術を受けるのにやはり効果が一番大きな問題でしょう。

結論をいえば、脱毛サロンではパワーの弱い機械を使用していますが、それでも回数をこなせば充分脱毛処理を完了させることが出来るでしょう。

ただし、私達が勘違いをしてはならないのは脱毛サロンでしている施術は、エステ脱毛であり医療脱毛ではありません。脱毛サロンで行うことが出来るのは、光を照射すること等による一時的な除毛・減毛など、医療行為に該当しない範囲の施術だけです。

脱毛サロンで、永久脱毛の施術を受けていると勘違いしている人たちがいますが、それは、除毛・減毛の施術に過ぎないのです。

エステサロンの脱毛は毛乳頭という毛の大元の組織を破壊できないため永久脱毛ではありません。永久脱毛の効果をストレートに期待したいのであれば、選択肢は脱毛クリニックのレーザー治療でしょう。

しかし、医療レーザー治療でも、永久脱毛が完全に出来るかといえば、永久脱毛とは1本も生えてこなくなるという意味ではないのです。

米国での定義に日本でも従っており、永久脱毛とは、最終脱毛から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下である脱毛法のことです。

ですから、脱毛処理を脱毛クリニックに期待し過ぎるというのも間違いです。

自己処理を大幅に楽にするという意味合いでは、回数に耐えることが出来るのなら脱毛サロンでも充分問題解決することが出来るでしょう。

脱毛クリニックではレーザー治療を使用し、脱毛サロンでは基本、フラッシュ脱毛を使用しています。脱毛サロンで使用しているフラッシュ脱毛(光脱毛)も、レーザー治療と同じようにメラニン色素に反応させ波長を照射し脱毛させます。

しかし、レーザー治療とは違い単一波長でなく、様々な波長を含む光に対してフィルターをかけ、黒色に反応する光だけを照射していきます。

「IPL(Intense Pulsed Light)」「フラッシュランプ」「プラズマライト」と言ったものがそれにあたります。

IPL(Intense Pulsed Light)は、光のON・OFFを繰り返すパルス照射で、皮膚表面の温度を上げることなく、毛根部分に熱を伝えることが出来ます。

フラッシュランプは、フラッシュのような光を当て脱毛を行ないます。

プラズマライトは、長い波長のキセノンフラッシュ光線と特殊偏光フィルムを使用して毛根を破壊していきます。

脱毛サロンで一番使用している率が多いのは、IPL(Intense Pulsed Light)です。

脱毛サロンでは、厚生労働省の通達によって、エステサロンでの出力は抑えなければいけないことになっています。

痛み

脱毛サロンでのフラッシュ脱毛の効果はレーザー治療ほど期待することが出来ませんが、逆に言えば、脱毛クリニックでおこる可能性のある、痛みやトラブルの問題は脱毛サロンでは回避することが出来るでしょう。

パワーが弱いということは回数がかかってしまうデメリットはありますが、肌に優しい方法です。したがって、多くの脱毛サロンでは、それをメリットとして捉えた宣伝広告を打ち出していたりします。

脱毛クリニックに行って一回で施術が終了してしまうことはありませんので、なかなか痛みに耐えることが出来ない人たちが多いと言います。

最後までしっかり通うためには脱毛サロンの選択が正しいのかもしれません。

ただし、脱毛サロンでも痛みはゼロではありませんので、どの程度の痛みなのかしっかりカウンセリング時、それぞれの脱毛サロンに聞くのがいいでしょう。

脱毛サロンでもニードル脱毛を採用しているところもあり、クリニックと同程度かなり痛いところもあります。

また脱毛サロンでは、痛みの少ない、居心地のいい脱毛サロンを謳い、お肌に負担がないばかりか、美肌効果まで期待出来る効果を謳っているところも多くあります。

そこにあるのは、何度でも通い続けることが出来る居心地のいいスペース空間です。

ただし、メンズ脱毛クリニックでにはサロンでは使用できないク医療用麻酔があります。男性の脱毛は女性の脱毛に比べて、毛が太いために痛みを強く感じやすいことが特徴です。痛いのが嫌なら逆に医療クリニックでの施術がおすすめかも。クリニックなら麻酔を使えるから施術の痛みを抑えられます。

肌ケア

メンズたちも、脱毛処理の施術を受けたあと、肌ケアはとても大事なポイントです。あるメンズ脱毛サロンでは、12種類の天然植物エキスが配合された、肌を炎症から守る抗菌・保湿鎮静ジェルを塗布し、処理後のお肌を優しくケアします。

また他のメンズ脱毛サロンでは保湿・鎮静アフタージェルを塗って脱毛後の肌をケアします。

クリニックの方が、よりケアに対しての配慮も大事になってくるでしょう。

脱毛クリニックでも、万が一お肌にトラブルがあった場合も万全な対応を心掛けています。

レーザー治療を受けたからこそ、アフターケアの問題も重視しなければなりません。脱毛当日はシャワーで済ますのがいいでしょう。脱毛を行った当日はレーザーの熱がまだ残っている状態なので、肌が軽いヤケド症状をおこしている状態です。ですから熱いお風呂に入ったりすることで体温が上昇してしまい、炎症やかゆみを引き起こす原因となってしまうことがあります。

ほてりがなかなかひかない時には、冷水で冷やすアフターケアも必要です。

更に、レーザー治療を受けたら、毛の周辺組織もダメージを相当受けてしまい、肌がとても敏感な状態です。

ですから、脱毛処理のあと、ちょっとの紫外線でもシミや炎症がとても起こりやすい状態です。

アフターケアでは、紫外線対策もとても大事です。極端に日焼けをしてしまった場合、脱毛クリニックでは次の施術を拒否されてしまうことがあります。

更に、保湿を意識して、赤みや炎症には軟膏を塗るような配慮も必要になって来ます。

肌トラブル

脱毛クリニックは、レーザー治療を使用しているから、肌にかかる負担は脱毛サロンよりも大きいでしょう。

しかし、脱毛クリニックは医療機関なのでトラブルがあればすぐに医師が対応しくれるから安心ですよね。

脱毛サロンでは、パワーの弱い機械を使用しているからお肌に負担が全くゼロということではありません。そのとき医師が側にいてくれないから大きな不安を抱えてしまうでしょう。現在、施術を受けている人たちの不安を軽減させるためには、医療機関と提携をする脱毛サロンも中には増えて来ています。

そのようなところでは、もしもの時にはすぐに治療へと移ることが可能な体制も整えられているところもあります。安全性を重視した脱毛サロン選びというのも大事なことです。

スタッフ

脱毛サロン・脱毛クリニック、スタッフにも大きな違いがあります。

脱毛クリニックでは、医師や正看護師など国家資格を有するスタッフに囲まれて施術を受けることが出来るから大きな安心感があります。

脱毛サロンでは、自社の研修を受けたスタッフがいるだけなので、国家資格もなしで施術をすることが出来ます。

医師や正看護師による施術の方が安全なのではないかという思いは当然誰にでも起こることでしょうけど、ただし、国家資格を持っていても十分な研修を受けていないような人間が機械を操作していることもおこるでしょう。

一方では、技術の優れたエステティシャンも多くおり、脱毛サロンでも安全な施術を受けることが出来ます。

もちろん、安全第一の施術に対しての心掛けはどのエステサロンでも持っているでしょう。

かつ、お客様サービスを徹底しているのは脱毛サロンのほうであり、人間の関わり合い方の中でも気持ちよさを感じさせてくれるでしょう。

脱毛クリニックにいるのは医師なので、昔ながらの医師に対しての敷居の高さなどが存在してしまって、なかなか気軽にいろいろなことが相談出来ないかもしれません。

最近では、メンズ脱毛の業態も増えて来ています。男性の方々は、躊躇なくいろいろ質問するために男性スタッフに特化した脱毛サロンを選択することがおすすめです。

脱毛サロンがおすすめの方

では、どのような人たちが脱毛サロン向きなのでしょうか。

一般的には、脱毛クリニックより脱毛サロンのほうが料金は低め設定です。ですから、お金があまりないという人たちの選択肢は、脱毛サロンではないでしょうか。

脱毛クリニックでの施術の痛みがなかなか我慢出来ないという人たちもおすすめは脱毛サロンです。脱毛サロンには、基本痛くない居心地のいい施術が行われています。

長く続いても脱毛サロンなら問題なく続けることが出来るでしょう。

更に、脱毛サロンの脱毛器のほうが照射範囲が広いというメリットがあります。 最新の連射式脱毛機を取り入れている脱毛サロンの場合、肌の上をスピーディにスライドさせ、全身をスピーディーに脱毛します。45~90分程度で全身を終了させることが出来るでしょう。

脱毛クリニックがおすすめの方

脱毛クリニックは、パワーの強いレーザーを使用しているため基本、短期間で脱毛処理を終了出来るでしょう。仕事が忙しくてなかなか行くことが出来ないという人たちには、おすすめは脱毛クリニックです。

ヒゲやVIO脱毛も、しっかり脱毛処理することが出来るでしょう。

とにもかくにも、永久脱毛をしたいという人たちは選択肢は脱毛サロンではなく脱毛クリニックです。

脱毛クリニックでは、側に医師がいてくれるから万が一トラブルがあっても安心です。

最近では月額制を採用している脱毛クリニックもあるので、そのようなところを見付ければお金が現在なくても取り敢えずすぐに脱毛処理をスタートすることが出来るのではないでしょうか。

総額数十万円となる全身脱毛も、契約時にまとまったお金を用意できない人にとっては月額制の登場はとても有難いですよね。

脱毛処理の施術は結構時間がかかるものです。思いたてばすぐにスタートするのがいいでしょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?この記事では脱毛サロンと医療脱毛のメリット・デメリットをご紹介しながら、二つの脱毛方法の違いについて検証してきました。

脱毛サロンで脱毛を受ける場合は肌に優しい施術で傷みが少ないので、痛みが苦手な方におすすめです。

対して医療脱毛は高出力レーザーを使用するので、すぐに効果を実感できるというのがメリットがあるのでできるだけ早く脱毛したい方におすすめです。

それぞれの脱毛方法を比較してみると大きく分けて「効果」・「痛み」・「脱毛期間」に違いがありますので、どちらの方が自分に合っているかを比較してみましょう。

予算的な問題もあると思いますので、できるだけ安く受けたい場合は脱毛サロン、脱毛にしっかりお金をかけられる方は医療脱毛というように、予算で決めるのも一つの手です。

どちらの方が良いかというのは個人差がありますので、是非本記事を参考にして自分に合った脱毛方法でムダ毛のない肌を目指しましょう!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ヒゲやムダ毛に悩む世の男性のために立ち上がった脱毛のヒーロー。自身もヒゲ脱毛を始めたことで脱毛に目覚め、今では全身あらゆる場所を脱毛している。

気になる項目をチェック
閉じる