ヒゲを永久脱毛する方法は?失敗&後悔しないように知っておきたいデメリットや費用・期間を紹介

どんなに眠たくても、どんなに時間がなくても社会人として、毎朝のヒゲの処理は欠かせません。

ヒゲが無くなればどんなに良いことかと思う男性も少なくないのではないでしょうか?

今回は「ヒゲの永久脱毛は可能なのか」「ヒゲの永久脱毛を安く出来る方法はないか」と悩んでいる男性におすすめな情報盛りだくさんで紹介していきます。

結論から言うとヒゲの永久脱毛は可能です!そしてヒゲの永久脱毛を安くする方法は、選ぶ脱毛クリニックによって費用を抑える事が可能です。

ヒゲ脱毛を始めたい方のためにヒゲ脱毛におすすめのサロン・クリニックをまとめていますので、参考にしてみてください。

ヒゲを永久脱毛する方法は2つ

まずはヒゲを永久脱毛する方法について紹介していきます。

ヒゲの永久脱毛方法は2つ。

「医療レーザー脱毛」と「ニードル脱毛」です。

ここからはその脱毛方法について紹介していきます。

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛は医療機関のみで行われている脱毛方法です。

メラニン色素に対して強いレーザー光を照射し、毛を作り出す細胞を破壊することで永久脱毛の効果を得ます。

日本には永久脱毛の関する定義が無いため、日本の厚生労働省に該当する、FDA(米国食品医薬品局)というアメリカ政府機関で決めた定義を適用する事多くあります。

FDAでは『脱毛施術3回を行った6カ月後に67%(2/3)以上の毛が減っている』状態の事を永久脱毛と定義しています。

参考:FDA

日本では定義が無いように医療レーザー脱毛は日本に導入されてから20年程度と、歴史が浅い脱毛方法となります。

ですが最新の機器や技術の急速の進歩により今や1番人気の高い脱毛方法となります。

ニードル脱毛

ニードル脱毛は脱毛サロンでも受けることの出来る永久脱毛が可能な脱毛方法です。

ニードルと呼ばれている通り、毛根の1本1本に対して針を差し、電気を流すことで毛根を破壊して脱毛を行っていく脱毛方法となります。

脱毛方法としては最も歴史が古く、アメリカでは140年の歴史を誇ります。

またアメリカで唯一永久脱毛の効果があると認められている脱毛方法でもあります。

ニードル脱毛においても日本では明確な定義がなく、アメリカの定義を用いられることが多くあります。

アメリカ電気脱毛協会では、脱毛1カ月後、毛の再生率が20%以下になることを永久脱毛と定められています。

参考:アメリカ電気脱毛協会

自宅で永久脱毛する方法はない

ヒゲの脱毛を検討している男性の中には、自宅で手軽に永久脱毛をできないものかと考えたことがある人もいるのではないでしょうか。

ですが残念ながら自宅では永久脱毛をする方法はありません。

家庭用脱毛器に採用されている、光の照射パワーでは威力が弱く一時的な減耗に過ぎず、永久脱毛の効果は得られません。

永久脱毛をしたいのであれば、脱毛クリニックで医療レーザー脱毛を行うか、ニードル脱毛を行っている脱毛サロンで脱毛を行うかのどちらかになります。

ヒゲの永久脱毛で失敗・後悔するパターン5つ

いざ永久脱毛をしようとしても、失敗は避けたいですよね。

そこでここからは、永久脱毛で「失敗・後悔」する5つのパターンと失敗・後悔しない為の「対策」を解説していきます。

どの施術でも痛みがある

1つ目の「失敗・後悔」のパターンは痛みによるものです。

永久脱毛の施術には強い痛みが伴います。

個人差はありますが、施術時には医療レーザー脱毛とニードル脱毛のどちらも強い痛みが伴い、特にニードル脱毛は非常に強い痛みとなります。

永久脱毛を始めて、痛すぎて後悔するなんてことはよく聞く話です。

特にヒゲは濃くて太い毛が生えているので痛みが出やすい箇所なので、人によっては泣きそうになるほど・絶叫しそうなほどの痛みとも言われています。

対策としては、「麻酔を利用する」「複数の脱毛器を導入しているクリニック・サロンを選ぶ」「我慢」が挙げられます。

医療機関では麻酔を用意することが出来るので、有料となる場合がほとんどですが、痛みに不安がある方は利用しましょう。

また複数の脱毛器を導入しているクリニック・サロンであれば、患者に適した脱毛器を使用することで肌への負担を軽減した脱毛を可能とします。

最後の我慢は、対策でもなんでも無い根性論になってしまいますが、最後には自分の我慢強さが物を言う場合もあります。

我慢した後に理想の状態が手に入る事を思い描き痛みに耐えましょう。

ヒゲ脱毛は痛い!?少しでも痛みを和らげる裏ワザを教えます!

赤みや毛嚢炎、肌荒れなどの副作用がある

2つ目の「失敗・後悔」のパターンは副作用によるものです。

永久脱毛には毛嚢炎(もうのうえん)や肌のヒリヒリ、火傷などの肌トラブルのリスクが伴います。

肌トラブルのリスクをゼロに抑える事はできません。

脱毛の施術後に肌トラブルが発生し失敗した・・・なんて思う男性も多いことでしょう。

肌トラブルへの対策では「脱毛クリニックを選ぶこと」「乾燥を防ぐためにセルフケアをする」などが挙げられます。

万が一の肌トラブルの際でも脱毛クリニックであれば、医師が適切な処置を行ってくれます。

医師の処置は脱毛サロンにはできない医療機関のみが行える対応です。

脱毛クリニックの中には、万が一の肌トラブル時の処置や薬の処方を無料で対応してくれるクリニックもありますので、安心です。

ヒゲの脱毛の後は毛穴が閉じる事で、汗がでなくなってしまいます。

汗は肌の保湿の役割も担っていますので、出なくなることで肌が乾燥しやすい状態になってしまいます。

肌の乾燥は肌トラブルの原因の元になりますので、特に脱毛直後には保湿ケアはしっかりと行いましょう。

費用・期間がかさんでしまう

3つ目の「失敗・後悔」のパターンは費用面によるものです。

ヒゲだけに限らず、脱毛はどんなに毛が薄い方でも1回で終わることはありません。

脱毛では毛周期と呼ばれる、毛が生えるサイクルに合わせて施術を行う必要があります。

その為1度の施術で全ての毛に対して処理を行えるわけではないので、どんなに毛が薄い男性でも何度も繰り返し施術を行う必要があります。

ヒゲが濃い男性では、何度も施術を行っていくうちにコースの回数を超えてしまう可能性もあります。

直ぐにツルツルにするはずだった・・・と後悔する男性も少なくありません。

対策としては「無制限プランや無制限に準じるプランを用意しているクリニックを選ぶ」「基本料金が安いクリニックを選ぶ」「気になる部位だけを脱毛する」が挙げられます。

脱毛クリニックの中には、無制限プランやそれに準じるプランを用意している脱毛クリニックが存在します。

そういったプランを用意している脱毛クリニックや、基本料金が安い脱毛クリニックを選ぶ事で、複数回通っても費用面での負担を抑えることができます。

またヒゲの生え方には個人差があるので、気になる部分だけを脱毛することで費用を抑えることができます。

永久脱毛したらヒゲはもう生えてこない

4つ目の「失敗・後悔」のパターンは脱毛後によるものです。

永久脱毛はその名前の通り、1度脱毛してしまえば施術箇所から毛が生えてくる事はありません。

その為、ヒゲの永久脱毛をしたけどツルツルが似合わない・やっぱり生やしたくなった・・・と後悔しても後の祭りです。

対策としては、「回数を調節できるクリニック選び」「脱毛サロンを利用する」事が挙げられます。

無制限のプランを用意しているクリニックもありますが、脱毛クリニックの多くは5回〜6回のコースを設けているクリニックが多くあります。

まずは回数を制限して脱毛を進める事で毛量の調節がしやすくなります。

また回数終了後の追加脱毛が安い脱毛クリニックも存在しますので、そういった脱毛クリニックを選ぶことで様子を見ながら脱毛を行なえます。

永久脱毛ができない脱毛サロンを挙げるのは意外かもしれませんが、失敗するかも・後悔するかもと悩んで脱毛に躊躇するよりは、まずは脱毛サロンで脱毛を開始するのもおすすめです。

脱毛サロンで脱毛をして、更に脱毛クリニックで脱毛を行うことで、短い期間で費用を抑えた永久脱毛を行うことが可能になるので、そういった面でもまずは脱毛サロンに通うのがおすすめです。

ヒゲ好きの女性に受けが悪い

5つ目の「失敗・後悔」のパターンは脱毛後の印象によるものです。

確かに女性の多くは、ヒゲの生えている男性に対して不潔やイヤなイメージを抱く傾向にあります。

ですが、全ての女性がヒゲに対して悪いイメージを持っているワケではないのです。

モジャモジャは嫌いだけど、ヒゲが生えている男性は好きといった女性も多くいます。

脱毛した後に、ツルツルはちょっと嫌い・・・とパートナーや意中の女性に言われてもどうしようもありません。

対策としては、「デザイン脱毛に対応している脱毛クリニック・サロンを選ぶ」事が挙げられます。

ヒゲを全て永久脱毛するのではなく、毛量の調整や部分的な脱毛といったデザイン脱毛を行うことで後悔することを避けることができます。

また先程も紹介したように、回数を調整しやすい脱毛クリニックを選ぶのもおすすめです。

ヒゲを永久脱毛するために必要な値段・期間は?

既出したように、ヒゲの永久脱毛にはそれなりの費用と期間が必要になります。

特に金額は全ての人にとって気になるポイントですね。

脱毛料金と期間は、脱毛方法や目的によって異なります。

「薄くしたい場合」と「ツルツルにしたい場合」に分けて紹介していきます。

医療レーザー脱毛では、薄くしたい場合は約7万円〜18万円程度、期間は半年〜1年程度が必要になります。

ツルツルにしたい場合は、約14万円〜24万円ほどで、1年半〜2年半程の期間を要します。

ニードル脱毛では、薄くするまでは約50万円〜90万円程、ツルツルしたい場合は、約100万円〜150万円ほどが相場になります。

ニードル脱毛は毛の1本1本に対して施術を行う脱毛法なので、薄くするまでは60時間、ツルツルしたい場合は120時間と時間で計算するのがおすすめです。

no image
ヒゲ脱毛にかかる値段は?ツルツルまでの費用相場や安いサロン・クリニックを紹介!
ヒゲ脱毛は何回通えば効果ある?目的に合わせてピッタリな回数を見分ける方法

ヒゲの永久脱毛におすすめなサロン・クリニック

永久脱毛の脱毛方法や費用などを紹介してきましたので、ここからはヒゲの永久脱毛におすすめしたい脱毛サロン・クリニックを紹介していきます。

ゴリラクリニック

ゴリラクリニックは、男性専門の脱毛クリニックとして人気の高いクリニックです。

ゴリラクリニックで行っている脱毛は永久脱毛の効果に期待できる医療レーザー脱毛です。

ゴリラクリニックでは、5種類の脱毛器を患者の毛質や肌質によって使い分けているので、医療レーザー脱毛の痛みの強さの軽減や、質の高い脱毛を可能としています。

更に今回紹介した、失敗・後悔しない為の対策の5パターンにも対応しています。

特にゴリラクリニックは5回のコース終了後の追加の脱毛料金が、1回100円と非常に安く脱毛を行うことが可能です。

3年間の間であれば何度でも1回100円で追加照射が可能なので、自分の毛量や仕上がり具合を調整しながら脱毛を進めることができます。

ゴリラクリニックは、脱毛効果をしながら費用も抑えたい方におすすめな脱毛クリニックです。

ドクターコバ

ドクターコバも男性専門の脱毛クリニックです。

ドクターコバはゴリラクリニックと同じく、5回のコース終了後の追加照射が魅力です。

ドクターコバの追加照射は1回100円で可能で、何と無期限で追加照射が可能となっています。

ドクターコバの無制限プランは、「口ヒゲ」「あごヒゲ」「頬」「あご下」「首上」の5箇所が脱毛可能と脱毛箇所が豊富な点も魅力です。

1度脱毛料金を支払ってしまえば、後は無期限で100円を追加するだけでヒゲ脱毛を続ける事が出来るので、自分の好きなペースで進めていけます。

魅力あるドクターコバですが、店舗数が少ないのがデメリットと言えます。

銀座・名古屋・大阪にしか店舗がないため、通えない・通いづらい方にはデメリットとなります。

湘南美容クリニック

湘南美容クリニックは反面、店舗数が非常に多い脱毛クリニックの大手チェーンとなります。

全国に71店舗もの店舗を展開しているので、通いやすいのが特徴です。

またヒゲ脱毛のコース料金が非常に安く、ヒゲ3部位の脱毛が「30,350円」となっています。

上口・アゴ・アゴ下の3部位が6回で、30,350円ですので非常に安く脱毛を行うことができます。

湘南美容クリニックは毛量の調節が可能な、デザイン脱毛に対応しているので自分の理想のヒゲに合わせて脱毛を進めて行くことができます。

メンズTBC

メンズTBCは今回紹介する中では、唯一のニードル脱毛を行っている脱毛サロンです。

メンズTBCのニードル脱毛は、ヒゲの1本1本に対して料金が設定されています。

毛の1本1本に対して処理を行うニードル脱毛ですので、確実に脱毛効果を実感することができます。

1度の施術でも高い脱毛効果を実感することも可能です。

ヒゲの1本1本に対して施術を行うので、自分の好みのデザインや毛量のヒゲにすることが可能です。

メンズTBCは、ヒゲが少なく脱毛箇所が少ない方や、ツルツルの状態を求めていない方におすすめです。

目的に合わせて永久脱毛するお店を選ぼう

ヒゲの永久脱毛をする際は、目的に合わせてお店を選ぶのが重要なポイントです。

今回紹介したように、永久脱毛には2つの脱毛方法があります。

脱毛方法によって特徴や脱毛の痛み・スピード・料金も異なってきます。

更に脱毛クリニック・サロンによって扱っている脱毛器が異なるので、選ぶ脱毛クリニック・サロンによって満足度も違ってくるのです。

自身の目的に合わせて脱毛クリニック・サロンを選び、素敵な男性を目指してください。

  • この記事を書いた人

脱毛マン

ヒゲやムダ毛に悩む世の男性のために立ち上がった脱毛のヒーロー。自身もヒゲ脱毛を始めたことで脱毛に目覚め、今では全身あらゆる場所を脱毛している。